トップとタップ キャンプにいく  1




クバシュタの絵本に、『TIP & TOP/チップとトップ』というシリーズがございまして、その中に登場する一匹の茶色い犬の名前はTAP/タップである、と以前id:aquioさんの日記で教えていただきました。チップ、トップ、タップ。
さて、その同じシリーズが日本語翻訳版になりますと、『トップとタップ』というシリーズに。あら?では、タップという名前をすでに使われてしまった茶色い犬の名前がチップかと申しますと、そうはならず、なぜか突然ドン。トップ、タップ、ドン。
編訳は、他の岩崎書店から出版されたクバシュタ作品の日本語版と同じ、だ・かぽ同人。同人というからには、複数の方がクバシュタの絵本の翻訳に係わっていらっしゃったのでしょう。もしもメンバーの一員であった方とお話をする機会がございましたら、何ゆえ、犬をドンとしたのか、ぜひ理由を伺ってみたいです。