お弁当選びは食いしん坊に



来月予定されているバレエの公演のお弁当の手配を、事務所で担当する、かも、しれません。担当して欲しいです。担当しますように。そして、お弁当の発注係をどうか私に!比較的予算のある団体なのですよ。前回の公演では、『まい泉』や、『弁松』の「赤詰弁当」(998円)が出ましたもの。
二日間の公演。夜だけ用意だとしたら二食。お昼も手配するとなりますと四食。まずは、『金兵衛』(03-3468-6998)の「銀だら 仙台味噌漬け焼き弁当」と「鶏肉 照り焼き弁当」。そして、『津多屋』(03-3928-3336)の「のり」と「そぼろ」。
四食だといたしましたら、『キッチン・テルーサ』(03-3560-1225)で「スペシャル」。もう一軒。『福槌』では、お腹いっぱいになるお弁当を注文いたしましたら予算オーバーですし。さてさて、どこにいたしましょう。捕らぬ狸の皮算用ならぬ、注文せぬお弁当の腹算用。