賢いのやら賢くないのやら



地下鉄千代田線、乃木坂駅のエレベーター。「地上出口」と「地下改札階」しかございませんのに、乗り込んで「しまる」のボタンを押しただけですと必ず「行き先ボタンを押してください!」と促すのです。(行き先の選択肢なんてないのに。ちょっとお馬鹿さんね)などと心の中で思いながら、いつも行き先ボタンを。
本日、やはり地上出口から乗り込み、「しめる」のボタンを押しドアが閉まると、いつものように「行き先ボタンを押してください!」と。急いでもおりませんでしたので、そのままにしておいたらどうなるのか試してみることに。さてさて、と操作盤のあたりを見つめておりましたら、驚くべきことに、パッと「地下改札階」のボタンに自動的に明かりが灯り「地下改札階へまいります」と動き始めるではありませんか。おお、なんですか心を読みとられたかのようで、怖いぐらい。(そのままにしておいても自動的に動き出すんだわ。選択肢がないことぐらい、ちゃんと自覚しているのね。お馬鹿さんじゃなかったんだわ。)と感心。で、地下の改札階へ到着いたしますと、あら、数名がエレベーターを待っておりました。もしや、地下で呼ばれたからスイッチが入ったのかも。これでは判断ができません。次回もまた、行き先ボタンは押さないで、動きを確かめたいです。賢いのかどうか試しているようで、ちょっと意地悪かしらん。