乙女の祈り



娘の化粧ポーチにライターが入っているのを見つけて少しどっきり。娘はもちろんBFもたばこは吸いませんので「なんの為に?」と聞くと「ビューラーを温めるため」と。ビューラーを温めてから使うと、そのままよりも綺麗に睫毛がカールできるそうな。早速、試してみました。ちょうどついておりましたファンヒーターでビューラーを温め、冷めないうちにと急いで睫毛を挟みこもうといたしましたら「熱っ!」。ビューラーの金属部分が熱くて危うく瞼を火傷しそうでした。娘に抗議すると「ちゃん指先で温度を確かめてから使わなくちゃ。火傷しなかった?」と。はい、幸い火傷はいたしませんでした。良かったです。

そういえば、少し前の事になりますが、娘のお友達がおでこに斜め一文字に火傷の痕を付けて学校に来たのだとか。「どうしたの?」と聞くと「巻き髪を仕上げていたら、うっかり鏝をおでこにあててしまって火傷してしまった」と。まるで罪人の額に刻まれた烙印のようだったそうです。可哀相に。そう、こての使い方は難しいのですよ。私も持っておりますが、かなり高温になりますので、手や顔に触れるともう熱い熱い。なかなか上手に扱えず、最近はほとんどホットカーラーで済ませております。でも、使いこなせるならふわふわの巻き髪にしてみたい・・・。

乙女も元乙女も、少しでも美しくありたいと願う気持ちは同じ、なのです。