ボザール・ミュー



同じ銀座という事もあり、試写の前に先日id:aliceprinさんに教えていただきました猫専門の画廊、ボザール・ミューにも立ち寄ってまいりました。サイトで調べると今開催中なのは「フジタの猫たち展」。フジタの猫?フジタってどなた?と思いながらも訪れてみますと、なんと藤田嗣治さんが描かれた猫たちの展覧会でした。なんて可愛らしい猫たち。画廊というのはいいものですね。こんな素敵な絵を、触れる事ができるぐらい間近でゆっくり鑑賞させていただけるのに、無料。しかも、おいしいお茶を出していただいた上に素敵なはがきまでいただいて。

画廊のオーナーがまた素敵な女性で。冷たいお茶をいただきながら、お話をしておりましたら、なんと荷造りをしている荷物は先日展示を終えたばかりの三宅麻衣さんの作品だとか。私が三宅麻衣さんの絵が好きだと申し上げると「今回、麻衣さんの作品はすべて掛け軸仕立てで、表具師さんにお願いして巻いていただいてしまったので残念だけどお見せできないわ。額に入っているのだったら、梱包をといてちょこっとお見せできたのに」と。うわあ、本当に残念。見せていただきたかったです。が、そこに三宅麻衣さんの作品があるのだ、というだけでもなんだか嬉しくなってしまいました。来年も作品展を予定しているそうですので、是非その折りには、伺って観せていただきたいと思います。